食べる 山くじら

江戸時代には肉食が禁忌とされていましたが、猪肉は山鯨(やまくじら)と隠語で呼ばれていたことがこの店名の由来。今でも蓑が店に置かれているのは、当時の名残です。お店の名物は、鶏や鴨を中心にした串焼き。いつも商家街に香ばしい煙が立ちのぼっています。熱々のご飯と一緒に供される各種の丼も見逃せません。

▼クリックすると地図がご覧いただけます。

01
02
03
トップへ