爽やかな風、あたたかな陽射し、まさに春爛漫な土日に『春の宴』が開催されました。

江戸料理と伝統芸能を愉しむ2日間。吟味された最高の食材とお酒を豊かな自然に囲まれた環境で、新内や端唄の情緒溢れる芸を堪能しながら味わう、まさに贅の極み。

人が生きることに密接に関わる食文化を通じ、江戸の豊かな知恵や美意識を感じていただけたのではないでしょうか。

この「春の宴」の様子が、雑誌「PEN」7/1号に掲載されています。

また、「PEN」WEB版でもご覧いただけます。

「PEN」WEB版はこちらから↓↓

「PEN」WEB版

トップへ